2015年06月21日の書評一覧

マグリット事典 [編著]C・グリューネンベルク、D・ファイ

マグリット事典 [編著]C・グリューネンベルク、D・ファイ

 野崎武夫訳、創元社・3780円/本書の原書は、ルネ・マグリット(1898〜1967)の欧州での展覧会開催(2011〜12)に伴い、編集された。この欄は絵による批評です。 [もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

ティーンズ・エッジ・ロックンロール [著]熊谷達也

ティーンズ・エッジ・ロックンロール [著]熊谷達也

 『リアスの子』『微睡(まどろ)みの海』で宮城県気仙沼市をモデルにした仙河海(せんがうみ)市を舞台に、東日本大震災以前の日常を描いてきた著者の最新作。同じ港町で夢を追う少年少女の青春がまぶしい。  友………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]文芸

愛猿奇縁—猿まわし復活の旅 [著]村崎修二

愛猿奇縁—猿まわし復活の旅 [著]村崎修二

 1960年代末にほぼ消えた猿まわし。その復活を中心で担った村崎修二さんが、出会った人々との対談を軸にまとめた。70年、山口県に村崎さんを訪ね、復活のきっかけをつくった小沢昭一さんらとの座談もある。宮………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]人文

ロッパ日記代わり—手当り次第 [著]古川緑波

ロッパ日記代わり—手当り次第 [著]古川緑波

■喜劇人の柔らかく鋭い批評眼  表紙のカバーを取ると、そこに古川緑波(ロッパ)が書いたのだろう生原稿が印刷されている。四百字詰めの原稿用紙だ。筆者はディレッタントであることを誇らしげに書く。ディレッ………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝

ある国にて—南アフリカ物語 [著]ローレンス・ヴァン・デル・ポスト

ある国にて—南アフリカ物語 [著]ローレンス・ヴァン・デル・ポスト

■差別への絶望と良心の相克描く  舞台は1930年代の南アフリカ。アパルトヘイト体制確立前夜。ボーア戦争で負けたオランダ系白人は勝者のイギリス人に見下され、世をはかなみ、その屈折した思いをさらに原住………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]歴史 社会

困難な選択(上・下) [著]ヒラリー・ロダム・クリントン

困難な選択(上・下) [著]ヒラリー・ロダム・クリントン

■女性初の米大統領? 実績と自信  来年秋の米国大統領選に再び立候補するヒラリー・クリントン氏(67)の回顧録である。弁護士、ファーストレディー、上院議員、そしてオバマ政権の一期目で外交・安全保障の………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝

人類五〇万年の闘い—マラリア全史 [著]ソニア・シャー

人類五〇万年の闘い—マラリア全史 [著]ソニア・シャー

■年3億人感染、問題は貧困  抜群の適応力でマラリア原虫はつねに人類を出し抜く。七変化して薬やワクチンをすりぬけ、蚊の唾液(だえき)からヒトの赤血球へ。推定感染者は年3億人、死者百万人。  マラリア………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]社会

日本の納税者 [著]三木義一

日本の納税者 [著]三木義一

■「納税は権利」根付かぬ背景は  「納税は国民の権利だ」というと、怪訝(けげん)な顔をされる読者も多いだろう。「納税は義務だ」というのが、我々の常識的な受け止めだからだ。実際、日本国憲法第30条には………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]経済 社会

権力の空間/空間の権力—個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ [著]山本理顕

権力の空間/空間の権力—個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ [著]山本理顕

■建築家が読む斬新なアレント  政治というのは抽象的な思考に回収されない。そうではなく、複数の人間が共生するための実践行為である以上、必ず具体的な空間を伴うはずである。だが、政治思想史の研究者の多く………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]社会

一流の人は本気で怒る [著]小宮一慶

一流の人は本気で怒る [著]小宮一慶

■自己を磨き、正しく、思いっきり  喜怒哀楽とくくるけれど、「怒り」はちょっと別物に思える。その場だけでは完結せず、必ずあとから後悔の念が襲ってくるからだ。あんなに怒鳴(どな)らなければ良かった、と………[もっと読む]

[評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)
[掲載]2015年06月21日
[ジャンル]社会

ページトップへ戻る