2015年08月16日の書評一覧

山怪―山人が語る不思議な話 [著]田中康弘

山怪―山人が語る不思議な話 [著]田中康弘

 狩猟や木材など山関係の仕事をしている人たちが山で遭遇した不思議な出来事、怪しい現象、それも昔話ではなく実際に見聞きした本人から聞き取った話である。人を化かす動物といってもキツネは川魚など生臭いものが………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]文芸

生きて帰ってきた男―ある日本兵の戦争と戦後 [著]小熊英二

生きて帰ってきた男―ある日本兵の戦争と戦後 [著]小熊英二

■父が息子に託す、希望こそが指針  小熊英二という人はどこまでも前向きだ。3・11のあとに反原発デモが高まり、一時は官邸前に20万人が集まったのに、2012年12月の総選挙では自民党が圧勝した。脱力………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]歴史

たまたまザイール、またコンゴ [著]田中真知

たまたまザイール、またコンゴ [著]田中真知

■命がけの旅、許す意味を悟る  文字通り命がけ、でも呆然(ぼうぜん)とするほどのんきで愉快な、実践哲学的コンゴ河旅行記。  1991年当時、著者夫婦が住んでいたエジプトの政情不安が高まり、旅行でも、………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]歴史

ヴェール論争―リベラリズムの試練 [著]クリスチャン・ヨプケ

ヴェール論争―リベラリズムの試練 [著]クリスチャン・ヨプケ

■自由か抑圧か、欧州のジレンマ  イスラム女性が身に着けるヴェールをめぐって、ヨーロッパ各地で法的・政治的な紛争が起きた。特にヨーロッパで論争が激しいのはなぜか。ヨプケによれば、そこで世俗化が進み、………[もっと読む]

[評者]杉田敦(政治学者・法政大学教授)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]政治 社会

世界の果てのこどもたち [著]中脇初枝

世界の果てのこどもたち [著]中脇初枝

■人生を支える「優しさ」の記憶  ある場面の記憶が、その後の人生を通して残り続け、生き方を支える。中脇初枝『世界の果てのこどもたち』は、人の優しさを身にしみて感じた記憶が、どのように胸に留(とど)ま………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]文芸

ホワット・イフ?―野球のボールを光速で投げたらどうなるか [著]ランドール・マンロー

ホワット・イフ?―野球のボールを光速で投げたらどうなるか [著]ランドール・マンロー

■奇抜な質問、科学の面白さ破格  こういう小ネタ集は面白くても書評しにくいんだよなあ、と思いながら読み始めたら、なんとまあ、その面白さの破格であることよ! これを紹介しないのは罪であると確信した。著………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]文芸

声―千年先に届くほどに [著]姜信子

声―千年先に届くほどに [著]姜信子

■生命を響かせる気迫鮮烈  たとえば漂泊を続ける朝鮮民族の末裔(まつえい)たち、あるいは戦争や公害の犠牲となった沖縄や水俣の人たち。艱難辛苦(かんなんしんく)に象(かたど)られた彼らの「声」を訪ねて………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]文芸

田園回帰1%戦略―地元に人と仕事を取り戻す [著]藤山浩

田園回帰1%戦略―地元に人と仕事を取り戻す [著]藤山浩

■「田舎の田舎」が示す人口増の光  日本創成会議の人口予測に基づく「地方消滅論」は、人々に衝撃を与え、多くの議論を呼んだ。だが、本当にこの報告書の結論は正しいのか。著者は、使用されたデータや前提に問………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]政治 社会

不確かな正義―BC級戦犯裁判の軌跡 [著]戸谷由麻

不確かな正義―BC級戦犯裁判の軌跡 [著]戸谷由麻

■法守らず責任回避の実態を分析  各国が行ったBC級戦犯裁判の資料を精読し、それにもとづいての見解を英書として刊行、その後日本語訳として世に問うた。米英豪比など各国の資料が、太平洋戦争下の日本軍将兵………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]歴史

若者から若者への手紙―1945←2015 [写真]落合由利子 [聞書]北川直実 [編]室田元美

若者から若者への手紙―1945←2015 [写真]落合由利子 [聞書]北川直実 [編]室田元美

 時を超え、若者が70年前の若者に手紙を書くとしたら――。終戦の1945年に10~20代だった15人の戦時体験談と、それに対して書かれた15通の手紙をまとめた。  ある初年兵は次第に平気で人を殺せるよ………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年08月16日
[ジャンル]歴史

ページトップへ戻る