2015年10月25日の書評一覧

欧州解体―ドイツ一極支配の恐怖 [著]ロジャー・ブートル

欧州解体―ドイツ一極支配の恐怖 [著]ロジャー・ブートル

■EU離脱の利害、英の目線で  最近のギリシャ危機で、EU(欧州連合)への懐疑が広がってきた。リーマン・ショック前まで、EUは一大経済圏として世界の気候変動政策を先導していた。しかしそれも、内的統一………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]社会 国際

琥珀のまたたき [著]小川洋子

琥珀のまたたき [著]小川洋子

■脆くはかない人間の生の輝き  母が作り出した閉塞(へいそく)的な環境で、子どもたちはどのように生き、育つのか。小川洋子の長編小説『琥珀(こはく)のまたたき』は、その環境での日々とやがて訪れる崩壊を………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]文芸

第三帝国の愛人―ヒトラーと対峙したアメリカ大使一家 [著]エリック・ラーソン

第三帝国の愛人―ヒトラーと対峙したアメリカ大使一家 [著]エリック・ラーソン

■なぜ流れを変えられなかったのか  この時代を読む本はたくさんある。狂気と魔性に胸がかき乱される。そして、凍り付くのは、日常に触れるときである。いまも、どこかに種が潜んでいるような気になるからだ。そ………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝

職業としての小説家 [著]村上春樹

職業としての小説家 [著]村上春樹

■文体革命もたらし、矛盾や変化を刻む  村上春樹の自伝的小説論&小説家論。既出の情報も多いが、ファンなら読んで損はない。  彼は、日本語小説の文体に革命をもたらした人だ。文体を変えるということは表現………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

深夜百太郎 入口/深夜百太郎 出口 [著]舞城王太郎、MASAFUMI SANAI

深夜百太郎 入口/深夜百太郎 出口 [著]舞城王太郎、MASAFUMI SANAI

 素顔を明かさない「覆面作家」による「百物語」。今年の夏にツイッターで毎晩1話ずつ発表した怪談を、『入口』『出口』の2冊に、50話ずつまとめた。  顔を伏せて四つ足で機敏に動くクモ女や、事故で死んだ友………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]文芸

マスコミ漂流記 [著]野坂昭如

マスコミ漂流記 [著]野坂昭如

 1956年、三木鶏郎事務所で働いていた著者は数えで27歳。焼け跡こそ消えていたものの放送、音楽、広告などいわゆるギョーカイもまだ固まっておらず、うさん臭い人物も才能あふれる青年も入り交じって活気を放………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

死刑冤罪―戦後6事件をたどる [著]里見繁

死刑冤罪―戦後6事件をたどる [著]里見繁

■大きな理不尽に苦闘する人々  やってもいないことを「おまえがやったんだな」と決めつけられ、こちらの言いぶんをまったく聞いてもらえなかったら、どんな気持ちがするだろう。「あまりに理不尽だ」と、怒りと………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]歴史 社会

オルフェオ [著]リチャード・パワーズ

オルフェオ [著]リチャード・パワーズ

■遺伝子の描く音楽の本質  主人公ピーター・エルズは七十歳で独り身。オンラインで注文したDNAで自宅でゲノム改変を試みる、日曜遺伝子工学者だ。一方で彼は作曲家でもある。一見無縁に思える二つがエルズの………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]文芸

水曜日のアニメが待ち遠しい [著]トリスタン・ブルネ

水曜日のアニメが待ち遠しい [著]トリスタン・ブルネ

■日本アニメ、仏文化にマッチ  フランス生まれの著者は、幼少期から日本のアニメ文化に触れながら育った。フランスではこれは決して珍しいことではない。1970年代、テレビ局は国営放送しかなく、その局が日………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]人文 国際

戦争小説家 古山高麗雄伝 [著]玉居子精宏

戦争小説家 古山高麗雄伝 [著]玉居子精宏

■兵士体験通じて自らの魂と対話  古山高麗雄(ふるやまこまお)は、2002年1月26日に「孤独死」という随想をある新聞の夕刊に書いた。その40日余りあとに実際に自宅で孤独死している。  古山の人生に………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2015年10月25日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

ページトップへ戻る