2015年11月08日の書評一覧

服従 [著]ミシェル・ウエルベック

服従 [著]ミシェル・ウエルベック

■変化を受け入れる、人々と社会の怖さ  途方もない冗談だ。  けれど、気むずかしげな表情で語るユーモアを笑うのは難しい。ウエルベックはそんなふうに小説を書くが、また一方で、これはぞっとするほど怖い話………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

戦後政治の証言者たち [著]原彬久 日本外交への直言 [著]河野洋平

戦後政治の証言者たち [著]原彬久 日本外交への直言 [著]河野洋平

■人間味浮かぶ、当事者の語り  政治学者・原彬久は政治指導者からのオーラル・ヒストリー(口述史)を歴史・政治研究に持ちこんだ先駆者である。当事者の語る「新しい事実」によって既知の風景とは異なる重層的………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]政治 国際

けもの道の歩き方―猟師が見つめる日本の自然 [著]千松信也

けもの道の歩き方―猟師が見つめる日本の自然 [著]千松信也

■現代が忘れた技能、今こそ光を  猟師ほど多方面の技能を要する仕事はない。猟師は罠(わな)や銃を扱える技術者であり、登山に長(た)け、里山の管理をする林業の知識も備え、仕留めた獲物を絶命させ、解体す………[もっと読む]

[評者]島田雅彦(作家・法政大学教授)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]人文 ノンフィクション・評伝

みんな彗星を見ていた―私的キリシタン探訪記 [著]星野博美

みんな彗星を見ていた―私的キリシタン探訪記 [著]星野博美

■「信じる」とは、殉教者の心に迫る  約四百年前、日本では南蛮文化が花開いた。しかし、江戸初期にかけてキリスト教の禁教令が徹底していき、外国人修道士や日本人信徒が弾圧され、拷問を受け、大勢殺された。………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝

ブルデュー 闘う知識人 [著]加藤晴久

ブルデュー 闘う知識人 [著]加藤晴久

 現代フランスを代表する社会学者ピエール・ブルデュー(1930〜2002)。彼と深く付き合い、著作の多くを翻訳した著者が、その人物像を描き、理論を読み解いた。  地方の郵便配達人の家に生まれたブルデュ………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]人文

読んで、訳して、語り合う。 [著]都甲幸治

読んで、訳して、語り合う。 [著]都甲幸治

 「人と話すことがたまらなく好きだ」という翻訳家の都甲さんが対談集を出した。お相手は同業の岸本佐知子さんや恩師の柴田元幸さん、作家の星野智幸さんら10人。翻訳とは「オリジナルを解凍して流動体にして(略………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

レイシズムを解剖する―在日コリアンへの偏見とインターネット [著]高史明

レイシズムを解剖する―在日コリアンへの偏見とインターネット [著]高史明

■誤情報の流れ、丹念に検証・否定  本書は数式の頻出する学術書であり、一般向けの文体で書かれたものではない。それでもなお、広く手に取られるべき書物だ。ネットでもストリートでも「ヘイトスピーチ」がまき………[もっと読む]

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]人文

財務省と政治―「最強官庁」の虚像と実像 [著]清水真人

財務省と政治―「最強官庁」の虚像と実像 [著]清水真人

■官→政 「力」の移行と銀行救済  古代律令制以来の「大蔵省」の金看板を、省庁再編で2001年に降ろした「財務省」。なぜこの省は、長らく「最強官庁」であり続けたのか。あらゆる政策は、予算の裏づけがな………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]政治 社会 新書

ペルシア王は「天ぷら」がお好き?―味と語源でたどる食の人類史 [著]ダン・ジュラフスキー

ペルシア王は「天ぷら」がお好き?―味と語源でたどる食の人類史 [著]ダン・ジュラフスキー

■頭と胃袋を抱擁する好奇心  著者は、米国のスタンフォード大学で言語学とコンピューターサイエンスを教えている。料理パーティーで知りあった中国系の妻と新婚旅行に出かけたベトナムの島で、漂う魚醤(ぎょし………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]歴史 国際

繭 [著]青山七恵

繭 [著]青山七恵

■相互依存の糸、終わりが始まり  美容師として自分の店を持って働く舞は、仕事の続かない夫・ミスミに度々暴力を振るってしまう。関係の歪(ゆが)みを認識しながらも、変えることができない。この夫婦と同じ集………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2015年11月08日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

ページトップへ戻る