2016年03月20日の書評一覧

海をわたる機関車 [著]中村尚史 帝国日本の交通網 [著]若林宣

海をわたる機関車 [著]中村尚史 帝国日本の交通網 [著]若林宣

■後発の強み生かす、拡大の野心と失敗  日本と中国が世界のあちこちで高速鉄道の輸出競争を繰り広げている。その勝敗は、経済力のみならず国力の物差しのように語られる。ときに、線路の敷設は利用者の視点を離………[もっと読む]

[評者]吉岡桂子(本社編集委員)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]歴史

岡村昭彦と死の思想―「いのち」を語り継ぐ場としてのホスピス [著]高草木光一

岡村昭彦と死の思想―「いのち」を語り継ぐ場としてのホスピス [著]高草木光一

■「破天荒な生」から死を考える  岡村昭彦は1960年代、「ライフ」誌を舞台にベトナム戦争報道でデビューし、70年代も報道写真家、80年代以降はバイオエシックスとホスピスの探求者として、歴史に名を残………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

鳥打ちも夜更けには [著]金子薫

鳥打ちも夜更けには [著]金子薫

 自らの町が「架空の港町」と呼ばれることをすこぶる気に入っている住民たちの中で、生きる意味を見いだそうとしてしまった青年のてんまつを描く。「架空の」住民にとって人生は絵空事。表情はどこか上の空。しかし………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

やがて海へと届く [著]彩瀬まる

やがて海へと届く [著]彩瀬まる

 「信じるとは、なんだろう」。自分や他者の死に真正面から向き合い葛藤する登場人物の心情に引き込まれる。  震災の前日、ふらりと出かけたきり行方不明になった親友すみれ。彼女に思いを寄せ続ける真奈は、すみ………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

たんぽぽ団地 [著]重松清

たんぽぽ団地 [著]重松清

■時空を超える不思議な一体感  児童文学作家の古田足日(たるひ)は1972年に『ぼくらは機関車太陽号』を出版した。「赤旗日曜版」に掲載されたこの物語は、学校行事について自ら考え行動する団地の小学生た………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

開発なき成長の限界―現代インドの貧困・格差・社会的分断 [著]アマルティア・セン、ジャン・ドレーズ

開発なき成長の限界―現代インドの貧困・格差・社会的分断 [著]アマルティア・セン、ジャン・ドレーズ

■民主主義が開く貧困層の未来  世界が経済の変調に翻弄(ほんろう)される中、インド経済が好調だ。2015年度成長率はなんと7・6%。いまや中国を上回り、最も急速に成長する国の一つだ。だがその成長の果………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]政治 経済

触楽入門―はじめて世界に触れるときのように [著]仲谷正史・筧康明・三原聡一郎・南澤孝太

触楽入門―はじめて世界に触れるときのように [著]仲谷正史・筧康明・三原聡一郎・南澤孝太

■心にも影響、「触る」驚きや喜び  最近、自分の腕を体の下に敷いて寝る癖がついてしまったようで、目が覚めると手がしびれまくっている。その状態で枕もとの眼鏡を取ろうとしても、指さきの感覚がほとんど失わ………[もっと読む]

[評者]三浦しをん(作家)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]科学・生物 ノンフィクション・評伝

食糧と人類―飢餓を克服した大増産の文明史 [著]ルース・ドフリース

食糧と人類―飢餓を克服した大増産の文明史 [著]ルース・ドフリース

■革命と繁栄の歩み、その表と裏  文明史とはすなわち食糧増産の歩みである。人口の増加曲線は現在に近づくほど急になるが、これも飢餓の克服の成果だ。本書は太古の地球に生じた捕食関係、炭素、窒素、リンの循………[もっと読む]

[評者]島田雅彦(作家・法政大学教授)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]歴史 科学・生物

獅子吼(ししく) [著]浅田次郎

獅子吼(ししく) [著]浅田次郎

■過ぎ去った時代の哀切な余韻  ■過ぎ去った時代の哀切な余韻  人情味豊かな著者の最新短編集。高度成長期の若者、戦時の兵士が、それぞれの時代の中で生きる姿には、ほのかな光を帯びた、確かな存在感がある………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

かなわない [著]植本一子

かなわない [著]植本一子

■不器用な生き方、凝視する勇気  著者はフリーのカメラマンで、ラッパーECDの妻で、二人の娘の母親。育児の辛(つら)さ、家計の苦しさを家計簿付きで綴(つづ)った『働けECD』に続く、二〇一一年から一………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2016年03月20日
[ジャンル]文芸

ページトップへ戻る