2016年08月21日の書評一覧

人類進化の謎を解き明かす [著]ロビン・ダンバー

人類進化の謎を解き明かす [著]ロビン・ダンバー

■運命を分けた集団形成の差  気のおけない、互恵的な集団は、150人が限度である。この数は狩猟採集段階の共同体(クラン)から、新石器時代以後の村落、軍隊、地域教会、政治組織にいたるまで共通している。………[もっと読む]

[評者]柄谷行人(哲学者)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]科学・生物

鉄道は誰のものか [著]上岡直見

鉄道は誰のものか [著]上岡直見

■「交通は人権」の視点に立つ評論  ブルートレインなどの廃止が発表されると、駅のホームには「最後の雄姿」を撮ろうとマニアが詰めかける。鉄道会社が決めたことは既成の事実となり、誰も批判しようとはしない………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]経済

ビビビ・ビ・バップ [著]奥泉光

ビビビ・ビ・バップ [著]奥泉光

■AIの時代に、人とは何か問う  伝奇小説の名作を残した国枝史郎は、複雑怪奇に入り組んだ自作を即興性の高いジャズになぞらえた。主人公が、国枝を敬愛した半村良の『妖星伝』を読んでいる本書も、ジャズを題………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]文芸

三の隣は五号室 [著]長嶋有

三の隣は五号室 [著]長嶋有

■半世紀の暮らし刻む部屋が主役  間取り好きには堪(こた)えられない小説である。舞台は東京近郊のさして特徴のない町に立つ木造アパート。部屋は二間あって広めだが、その一つは三方が障子に囲まれている。大………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]文芸

すばらしい黄金の暗闇世界 [著]椎名誠

すばらしい黄金の暗闇世界 [著]椎名誠

■地下住居、空飛ぶ蛇、食肉ナマズ  著者は、するする読めて深い味わいを残すエッセー集を数多く書いてきた。最新刊の本書では、その名人芸が、自然界の森羅万象やそこに関わる人間の生活を題材として十二分に味………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]文芸

川原慶賀の「日本」画帳―シーボルトの絵師が描く歳時記 [編]下妻みどり

川原慶賀の「日本」画帳―シーボルトの絵師が描く歳時記 [編]下妻みどり

 江戸時代、幕府の鎖国政策のもとで唯一開かれていた長崎の出島。今年没後一五〇年のオランダ商館医・シーボルトは、さまざまな情報や文物を持ち帰り、ヨーロッパにおける日本研究の基礎を作った。  長崎の絵師・………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]歴史

三十八年戦争と蝦夷政策の転換 [編]鈴木拓也

三十八年戦争と蝦夷政策の転換 [編]鈴木拓也

 日本の歴史と言われると、近畿地方を中心とした風景が浮かびがちだが、しかしもちろん、日本列島全域には有史以前から人が暮らしていたのである。  本巻で完結した「東北の古代史」シリーズは、東北地方における………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]歴史

集団的自衛権の思想史 [著]篠田英朗

集団的自衛権の思想史 [著]篠田英朗

■憲法と安保の「二重構造」を検証  憲法学者の宮沢俊義は、ポツダム宣言受諾で天皇主権から国民主権への「革命」が起こったとした。いわゆる「八月革命」説だ。だが、著者によれば、この説は、「実際の憲法制定………[もっと読む]

[評者]杉田敦(政治学者・法政大学教授)
[掲載]2016年08月21日
[ジャンル]政治

ページトップへ戻る