2017年03月26日の書評一覧

土方巽―衰弱体の思想 [著]宇野邦一

土方巽―衰弱体の思想 [著]宇野邦一

■「踊り続ける人」を精緻に読む  いまもまだ、私を含めた多くの者が土方巽(ひじかたたつみ)に興味を持つ。それは不思議だ。なにより土方を考えることの出発はそこからはじめるべきだろう。著者も土方のダンス………[もっと読む]

[評者]宮沢章夫(劇作家・演出家)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]人文

切腹考 [著]伊藤比呂美

切腹考 [著]伊藤比呂美

■鴎外の世界から生と死を問う  切腹好きの伊藤比呂美さんが、切腹に導かれて森鴎外ワンダーランドに分け入ったら、自分が鴎外ワールドの登場人物になってしまった。伊藤さんの存在自体が、鴎外の言葉と混ざって………[もっと読む]

[評者]星野智幸(小説家)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]文芸

ショコラ―歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯 [著]ジェラール・ノワリエル

ショコラ―歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯 [著]ジェラール・ノワリエル

■名探偵のように事実掘り起こす  彼が何者なのか、当時もいまも、知る人はほとんどいなかった。19世紀末から20世紀初頭のパリで一世を風靡(ふうび)したサーカス芸人ショコラ、本名ラファエルは、独立前の………[もっと読む]

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]文芸

岩場の上から [著]黒川創

岩場の上から [著]黒川創

■ヒトの愚かさ見つめ「未来」描く  二〇四五年の日本が描かれるが、「近未来小説」というのとは、ちょっとちがう。使用済み核燃料の処理問題、「積極的平和維持活動」の名の下での参戦、浜岡原発に籠城(ろうじ………[もっと読む]

[評者]大竹昭子(作家)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]文芸

選択しないという選択―ビッグデータで変わる「自由」のかたち [著]キャス・サンスティーン

選択しないという選択―ビッグデータで変わる「自由」のかたち [著]キャス・サンスティーン

■「デフォルト設定」で生じる余裕  近代社会は個人の自由な選択を尊重してきた。その意味で本書は題名からして反感を買いかねない。  だが複雑な社会で全てを決めることは実は不可能。多くが既定路線として用………[もっと読む]

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]経済

「三陸津波」と集落再編―ポスト近代復興に向けて [著]岡村健太郎

「三陸津波」と集落再編―ポスト近代復興に向けて [著]岡村健太郎

■「理想村」に学ぶ未来への発想  3・11の衝撃によって日本は大きく変わると思われていた。が、結局、従前のシステムは変わらず、縦割り行政によらない、統合された街の計画やコミュニティーがつくられるより………[もっと読む]

[評者]五十嵐太郎(建築批評家・東北大学教授)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]社会

松居直と絵本づくり [著]藤本朝巳

松居直と絵本づくり [著]藤本朝巳

 昨年創刊60周年を迎えた月刊絵本「こどものとも」(福音館書店)は名作を送り出してきた。茂田井武(もたいたけし)画の『セロひきのゴーシュ』や瀬田貞二訳『三びきのやぎのがらがらどん』、赤羽末吉画の『かさ………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]文芸

不平等を考える―政治理論入門 [著]齋藤純一

不平等を考える―政治理論入門 [著]齋藤純一

 不平等の拡大が社会にもたらす深刻な分断。これに歯止めをかけ、より平等な社会を実現するには。最先端の政治理論の成果が凝縮されている。  支え合いの基礎を「国民の同質性」に求める議論があるが、ナショナリ………[もっと読む]

[評者]杉田敦(政治学者・法政大学教授)
[掲載]2017年03月26日
[ジャンル]政治

ページトップへ戻る