2017年04月16日の書評一覧

自然史 [著]露口啓二

自然史 [著]露口啓二

■非情の眼で切り取る風景写真    最初、書評委員会の場に提示された本書を手にとり、何げなくパラパラと頁(ページ)を繰っていた。そのうち、不思議な感覚に襲われ始めたことに気づいた。老齢である自分の肉………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

私が死んでもレシピは残る―小林カツ代伝 [著]中原一歩

私が死んでもレシピは残る―小林カツ代伝 [著]中原一歩

■「料理は科学で化学」がモットー  覚えてますか、人気番組「料理の鉄人」で小林カツ代が鉄人を破ったこと。テーマはジャガイモ。1時間で作った7品には時短レシピとして有名なカツ代流の肉じゃがも含まれてい………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

スウィングしなけりゃ意味がない [著]佐藤亜紀

スウィングしなけりゃ意味がない [著]佐藤亜紀

■反ナチスの悪ガキがあける風穴    ナチスは、青少年を教化し愛国心を育てるため、ヒトラー・ユーゲントを組織した。だがナチス的な規律や美徳に反抗する少年少女もいたようだ。この史実をベースにした本書は………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]文芸

THE PIVOT―アメリカのアジア・シフト [著]カート・M・キャンベル

THE PIVOT―アメリカのアジア・シフト [著]カート・M・キャンベル

■米国の思考読み解く重要参考書    トランプ米大統領がシリア政権軍を攻撃した。中国国家主席との会食直前に下した異例の命令だった。  全米メディアの目は瞬時に中国から中東へ移った。太平洋よりも大西洋………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]政治

新潟県知事選では、どうして大逆転がおこったのか。 [著]横田一

新潟県知事選では、どうして大逆転がおこったのか。 [著]横田一

 いまなお、原発再稼働には6割近くの人々が反対している。本書は、柏崎刈羽原発の再稼働が争点となった昨年10月の新潟知事選で、なぜ当初は圧勝が予想された与党候補を破り米山隆一氏が当選できたのか、その背景………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]政治

昭和天皇の戦争―「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと [著]山田朗

昭和天皇の戦争―「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと [著]山田朗

 「昭和天皇実録」(実録)は、「官」の編んだ「公式の記録」である。従って、「天皇=平和主義者」との特定の意図で記述されているとして、著者はとくに戦争に関する部分を取りあげて、どのような部分が割愛されて………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]歴史

日本精神史 自然宗教の逆襲 [著]阿満利麿

日本精神史 自然宗教の逆襲 [著]阿満利麿

■天皇崇拝支える基盤は変わらず  昨年8月8日に発表された現天皇の「おことば」は一部で「第2の人間宣言」と呼ばれた。1946年1月1日の詔書で現御神(あきつみかみ)(現人神〈あらひとがみ〉)であるこ………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]人文

独裁者たちの最期の日々(上・下) [編]ディアンヌ・デュクレほか

独裁者たちの最期の日々(上・下) [編]ディアンヌ・デュクレほか

■制裁の恐怖、自律的な判断奪う  以下の3問に正答できれば本書は不要である。  問1 「スコットランド最後の王」と自称した独裁者は誰か?  (1)ヒトラー (2)パフラヴィー二世 (3)アミン  独………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年04月16日
[ジャンル]歴史

ページトップへ戻る