2017年04月30日の書評一覧

冬の日誌 、内面からの報告書 [著]ポール・オースター

冬の日誌 、内面からの報告書 [著]ポール・オースター

■生の痕跡から掘り起こす記憶  現代アメリカ文学の重要な作家ポール・オースターによる回想録的作品が二冊、続けて刊行された。『冬の日誌』は〈肉体と感覚〉をめぐる視点、『内面からの報告書』は〈精神〉をめ………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]文芸 人文

オレたちのプロ野球ニュース-野球報道に革命を起こした者たち [著]長谷川晶一

オレたちのプロ野球ニュース-野球報道に革命を起こした者たち [著]長谷川晶一

■「語りの文化」本気で作った情熱  本も面白いが、それを読んだ人の感想も面白い。テレビも面白いが、昨日の番組はああだったと語らう「テレビ語り」も面白い。野球も面白いが、あの一球がどうだとかと語らう「………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

そろそろ、部活のこれからを話しませんか-未来のための部活講義 [著]中澤篤史

そろそろ、部活のこれからを話しませんか-未来のための部活講義 [著]中澤篤史

■見過ごされてきた負の側面  中高生時代の思い出は部活だっていう人、多いですよね。しかし、よく考えると不思議。正式な教科でもない「課外」活動なのに、教育基本法や学校教育法の規定もないのに、なぜ部活動………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]教育 社会

アメリカ帝国の終焉-勃興するアジアと多極化世界 [著]進藤榮一

アメリカ帝国の終焉-勃興するアジアと多極化世界 [著]進藤榮一

■中心軸の移動、不可避的に進行  トランプ政権の誕生や、英国のEU離脱など、常識を覆す投票結果に我々は驚き、世界で何か大きな地殻変動が起きつつあると気づかされた。だが、まだ新しい国際秩序は見えていな………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]政治 社会

金利と経済-高まるリスクと残された処方箋 [著]翁邦雄

金利と経済-高まるリスクと残された処方箋 [著]翁邦雄

 インフレ率を2年で2%に引き上げると宣言して日銀が異次元緩和策を始めたのは4年前のことだった。だが、イオンの岡田元也社長が「脱デフレは大いなるイリュージョン(幻想)」と最近語ったように、期待通りの効………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]経済

あま世へ-沖縄戦後史の自立にむけて [編]森宣雄、冨山一郎、戸邉秀明

あま世へ-沖縄戦後史の自立にむけて [編]森宣雄、冨山一郎、戸邉秀明

 執筆者のひとり鹿野政直氏によれば、近代の沖縄は「最後尾の県」(戦前・戦中)、「捨て石」(沖縄戦)、「太平洋の要石」(米軍占領下から復帰を経て現在に至る)と特徴づけられる立場にたたされてきた。  沖縄………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]政治 社会

ルネ・マグリット-国家を背負わされた画家 [著]利根川由奈

ルネ・マグリット-国家を背負わされた画家 [著]利根川由奈

■“象徴”は、民族性を嫌悪した  パイプの絵を描いて「これはパイプではない」と言うマグリットはベルギー人だが、作風からはベルギーの民族性は全く感じられない。同国のボスの絵は民族的幻想的だがマグリット………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密 [著]広瀬友紀

ちいさい言語学者の冒険-子どもに学ぶことばの秘密 [著]広瀬友紀

■彼らは規則正しくまちがえる  「これ食べたら死む?」と5歳のK太郎が聞く。大丈夫、と母親。「ホント?死まない?」と涙目のK太郎。かわいい。  言葉を覚え始めたばかりの子どもの好プレー・珍プレーが楽………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年04月30日
[ジャンル]人文

ページトップへ戻る