2017年05月07日の書評一覧

鬼神 [著]矢野隆 / 燕雀の夢 [著]天野純希

鬼神 [著]矢野隆 / 燕雀の夢 [著]天野純希

■乱世の生き方探し、若者が共感    最近は歴史小説も増えている矢野隆だが、頼光四天王と酒呑童子の戦いを新解釈で描いた『鬼神(おにがみ)』は、デビュー作『蛇衆』を思わせる迫力の伝奇活劇である。  足………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]歴史

大航海時代の地球見聞録―通解『職方外紀』 [著]ジュリオ・アレーニ、楊廷イン

大航海時代の地球見聞録―通解『職方外紀』 [著]ジュリオ・アレーニ、楊廷イン

■怪しさあふれる楽しい世界案内  世界の全体像が見えていなかった時代の地理書は、荒唐無稽で面白い。  古くは、一本足の人間や胸に穴のあいた種族が登場する中国の『山海経』があり、マルコ・ポーロの『東方………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]歴史

遊戯の起源 遊びと遊戯具はどのようにして生まれたか [著]増川宏一

遊戯の起源 遊びと遊戯具はどのようにして生まれたか [著]増川宏一

■その謎の物体、おもちゃかも  ようこそ〈遊戯の起源〉博物館へ。人類はどんなふうに遊びはじめたのか、当館では興味深い事例を豊富に揃(そろ)えております。  まずは○の部屋へご案内しましょう。人類最古………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]人文

復興ストレス 失われゆく被災の言葉 [著]伊藤浩志 / 理性の起源 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ [著]網谷祐一 / モラルの起源 実験社会科学からの問い [著]亀田達也

復興ストレス 失われゆく被災の言葉 [著]伊藤浩志 / 理性の起源 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ [著]網谷祐一 / モラルの起源 実験社会科学からの問い [著]亀田達也

■情動や共感こそ心の基盤  科学は人の心にどこまで迫れるか? さまざまな角度から、さまざまな方法を使って肉薄した3冊をまとめて御紹介する。  自身の社会心理学的な研究を中心に、進化論や社会哲学を射程………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]科学・生物

海をわたる手紙-ノンフィクションの「身の内」 [著]澤地久枝、ドウス昌代

海をわたる手紙-ノンフィクションの「身の内」 [著]澤地久枝、ドウス昌代

 この40年余、ノンフィクションを発表してきた2人の作家、その往復書簡14通からなる書。2014年11月から16年6月までだが、この間の時代史が浮かびあがるとともに、2人の自分史、さらにはノンフィクシ………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

かわうそ堀怪談見習い [著]柴崎友香

かわうそ堀怪談見習い [著]柴崎友香

 土地には固有の「霊」がある。神武天皇が漂着した伝説がいまも息づく大阪の場合はなおさらそうだ。無数の人々がここで生涯を閉じたばかりか、大坂の陣や太平洋戦争の空襲でも死者があふれた。一見近代化した都市の………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]文芸

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫

■不利強いる慣行の問い直しを  本書は、19世紀から現代にいたるフェミニズム運動の軌跡を辿(たど)る。  興味をひかれるのは、フェミニズムが、20世紀半ばまでは、社会民主主義と親和的だったのに対して………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]政治

人はこうして「食べる」を学ぶ [著]ビー・ウィルソン

人はこうして「食べる」を学ぶ [著]ビー・ウィルソン

■体が求めるもの、選びとる技術  終章で著者はこう記す。 「食べることは技術である」  本書が示すのは、食べることは本人の嗜好(しこう)に加えて習慣や文化の影響が大きいという事実である。  たとえば………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年05月07日
[ジャンル]医学・福祉

ページトップへ戻る