2017年11月19日の書評一覧

ゴッホの耳―天才画家 最大の謎 [著]バーナデット・マーフィー

ゴッホの耳―天才画家 最大の謎 [著]バーナデット・マーフィー

■素人探偵の異常な骨折り損?  時間を持て余しているひとりの退屈な暇人が、たまたまゴッホが住んでいたアルルに近い土地の住人であるという理由だけで、ゴッホの絵をあまり見たことも関心もないというのに、あ………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

森へ行きましょう [著]川上弘美

森へ行きましょう [著]川上弘美

■歪み増殖していく物語に迷う  最近はなかなか迷子になることもない。だけど、私はけっこう迷子になるのが好きだ。いまどこにいるのだろうという、心細さがいい。ただし、その心細さを受け入れる気持ちの余裕も………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]文芸

あるノルウェーの大工の日記 [著]オーレ・トシュテンセン

あるノルウェーの大工の日記 [著]オーレ・トシュテンセン

■臨場感あふれる埃と騒音の現場  手を使う労働に携わっている人たちが、それぞれの作業を通して感得した機微に触れたものを記したら、面白い読み物になるのではないか、とつねづね夢想してきた。その願いが本書………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年11月19日

ダーティ・シークレット―タックス・ヘイブンが経済を破壊する [著]リチャード・マーフィー

ダーティ・シークレット―タックス・ヘイブンが経済を破壊する [著]リチャード・マーフィー

■低税率より秘匿性が問題の本質  本書はタックス・ヘイブンを、「低税率国」としてよりも「守秘法域」と見るべきだと主張する。たしかに税率の低さは問題だが、租税回避が可能なのは、「パナマ文書」や「パラダ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]経済

金木犀と彼女の時間 [著]彩坂美月

金木犀と彼女の時間 [著]彩坂美月

 同じ時間を繰り返すループものには、名作が多い。青春ミステリーの名手がこの激戦区に挑んだ本書は、ループする期間が1時間、回数を5回に制限することで、独自色を出している。  過去2回、予期せぬループを経………[もっと読む]

[評者]末國善己 (文芸評論家)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]文芸

他人の始まり 因果の終わり [著]ECD

他人の始まり 因果の終わり [著]ECD

 作者はラッパー。書き下ろしは10年ぶり。「アル中」体験を題材にした前作同様、過酷な状況を他人事(ひとごと)のように突き放す。  だが「なんとなくボンヤリと家族のありさまを書いてみよう」と書き始めたエ………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

Black Box―ブラックボックス [著]伊藤詩織

Black Box―ブラックボックス [著]伊藤詩織

■性暴力と向き合わない日本社会  日本は性暴力に甘い国といわれる。逆にいうと性暴力の被害者は想像を絶する困難を強いられる。  本書によれば、著者は2015年4月3日、都内のホテルでレイプされた。相手………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子 (文芸評論家)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]社会

重力波 発見!―新しい天文学の扉を開く黄金のカギ [著]高橋真理子

重力波 発見!―新しい天文学の扉を開く黄金のカギ [著]高橋真理子

■人は「世界」をどう捉えてきたか 【概要】昨年初観測が報告され、世界中に衝撃を与えた「重力波」とは一体なんなのか。それを説明する本はたくさんある。しかし、この本はとりわけ宇宙に関して詳しくない一般読………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年11月19日
[ジャンル]科学・生物

ページトップへ戻る