2017年12月24日の書評一覧

円城塔 書評委員が選ぶ「今年の3点」

円城塔 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム(赤野工作著、石黒正数イラスト、KADOKAWA・1296円) (2)地下鉄道(コルソン・ホワイトヘッド著、谷崎由依訳、早川書房・2484円) (3)野菜だ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

加藤出 書評委員が選ぶ「今年の3点」

加藤出 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)サザビーズで朝食を(フィリップ・フック著、中山ゆかり訳、フィルムアート社・3240円) (2)かくて行動経済学は生まれり(マイケル・ルイス著、渡会圭子訳、文芸春秋・1944円) (3)財政と民主………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

柄谷行人 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)宣教師ザビエルと被差別民(沖浦和光著、筑摩選書・1620円) (2)虜囚―一六〇〇〜一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界(リンダ・コリー著、中村裕子ほか訳、法政大学出版局・8424円) (3)………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

齋藤純一 書評委員が選ぶ「今年の3点」

齋藤純一 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)偽装の被爆国―核を捨てられない日本(太田昌克著、岩波書店・1836円) (2)神と革命―ロシア革命の知られざる真実(下斗米伸夫著、筑摩選書・1944円) (3)正義・平等・責任―平等主義的正義論………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

斎藤美奈子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

斎藤美奈子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)日本キリスト教史―年表で読む(鈴木範久著、教文館・4968円) (2)守教 上・下(帚木蓬生著、新潮社・各1728円) (3)星ちりばめたる旗(小手鞠るい著、ポプラ社・1836円)     ◇ ………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

佐伯一麦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

佐伯一麦 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)カストロの尻(金井美恵子著、新潮社・2160円) (2)ゆらぐ玉の緒(古井由吉著、新潮社・1836円) (3)最後のヴァイキング ローアル・アムンセンの生涯(スティーブン・R・バウン著、小林政子………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

佐倉統 書評委員が選ぶ「今年の3点」

佐倉統 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)ソール・ライターのすべて(ソール・ライター著、青幻舎・2700円) (2)そして、ぼくは旅に出た。(大竹英洋著、あすなろ書房・2052円) (3)天才作曲家 大澤壽人(生島美紀子著、みすず書房・………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

椹木野衣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

椹木野衣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)丹野智文 笑顔で生きる 認知症とともに(丹野智文著、文・構成=奥野修司、文芸春秋・1566円) (2)日航123便 墜落の新事実(青山透子著、河出書房新社・1728円) (3)テトリス・エフェク………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

サンキュータツオ 書評委員が選ぶ「今年の3点」

サンキュータツオ 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか(紀田順一郎著、松籟社・1944円) (2)ゴッホの耳 天才画家 最大の謎(バーナデット・マーフィー著、山田美明訳、早川書房・2376円) (3)枕草………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

末國善己 書評委員が選ぶ「今年の3点」

末國善己 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)夢をのみ 日本SFの金字塔・光瀬龍(立川ゆかり著、ツーワンライフ・2160円) (2)白村江(荒山徹著、PHP研究所・2052円) (3)虎の牙(武川佑著、講談社・1944円)     ◇  (………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

野矢茂樹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

野矢茂樹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)中動態の世界 意志と責任の考古学(國分功一郎著、医学書院・2160円) (2)湯殿山の哲学 修験と花と存在と(山内志朗著、ぷねうま舎・2700円) (3)無くならない アートとデザインの間(佐藤………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

細野晴臣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

細野晴臣 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)ザップル・レコード興亡記 伝説のビートルズ・レーベルの真実(バリー・マイルズ著、野間けい子訳、河出書房新社・3132円) (2)NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論(宮沢章夫ほか著………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

保阪正康 書評委員が選ぶ「今年の3点」

保阪正康 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実(牧久著、講談社・2700円) (2)ヒトラーの裁判官フライスラー(ヘルムート・オルトナー著、須藤正美訳、白水社・3672円) (3)軍法会議のない「軍隊………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

原武史 書評委員が選ぶ「今年の3点」

原武史 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)福島尚鉄道画集 線路は続くよ(福島尚著、二見書房・2376円) (2)ゲンロン0 観光客の哲学(東浩紀著、ゲンロン・2484円) (3)千の扉(柴崎友香著、中央公論新社・1728円)     ◇………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

宮田珠己 書評委員が選ぶ「今年の3点」

宮田珠己 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)動物奇譚集1・2(アイリアノス著、中務哲郎訳、京都大学学術出版会・1は4428円、2は4212円) (2)ハイン 地の果ての祭典(アン・チャップマン著、大川豪司訳、新評論・3240円) (3)〈………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

蜂飼耳 書評委員が選ぶ「今年の3点」

蜂飼耳 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)メシュガー(アイザック・B・シンガー著、大崎ふみ子訳、吉夏社・2808円) (2)冬の日誌(ポール・オースター著、柴田元幸訳、新潮社・2052円) (3)カシス川(荻野アンナ著、文芸春秋・162………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

立野純二 書評委員が選ぶ「今年の3点」

立野純二 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)ヒルビリー・エレジー(J・D・ヴァンス著、関根光宏・山田文訳、光文社・1944円) (2)暗い時代の人々(森まゆみ著、亜紀書房・1836円) (3)憲法改正とは何だろうか(高見勝利著、岩波新書………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

市田隆 書評委員が選ぶ「今年の3点」

市田隆 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)名誉と恍惚(松浦寿輝著、新潮社・5400円) (2)虎の牙(武川佑著、講談社・1944円) (3)ヒトラーの裁判官フライスラー(ヘルムート・オルトナー著、須藤正美訳、白水社・3672円)  (1………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

横尾忠則 書評委員が選ぶ「今年の3点」

横尾忠則 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)デヴィッド・ボウイ インタヴューズ(S・イーガン編、迫田はつみほか訳、シンコーミュージック・エンタテイメント・3240円) (2)アンディ・ウォーホルのヘビのおはなし(A・ウォーホル著、野中邦子………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

山室恭子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

山室恭子 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)セレンゲティ・ルール(S・B・キャロル著、高橋洋訳、紀伊国屋書店・2376円) (2)鯨を生きる(赤嶺淳著、吉川弘文館・2052円) (3)恐竜探偵 足跡を追う(A・J・マーティン著、野中香方子………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

諸富徹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

諸富徹 書評委員が選ぶ「今年の3点」

(1)最後の資本主義(ロバート・B・ライシュ著、雨宮寛・今井章子訳、東洋経済新報社・2376円) (2)ダーティ・シークレット(リチャード・マーフィー著、鬼澤忍訳、岩波書店・1620円) (3)人口減………[もっと読む]

[評者]今年の3点(書評委員)
[掲載]2017年12月24日

ページトップへ戻る