2018年01月28日の書評一覧

地下鉄道 [著]コルソン・ホワイトヘッド/ネバーホーム [著]レアード・ハント

地下鉄道 [著]コルソン・ホワイトヘッド/ネバーホーム [著]レアード・ハント

■差別を体感させる言葉と語り  アメリカ合衆国は1776年の建国時から自由州と奴隷州に分かれていた。リンカーンが奴隷解放を宣言するのが1863年のことであり、日本でいえば江戸中期から幕末あたりの時代………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]文芸

いのち [著]瀬戸内寂聴

いのち [著]瀬戸内寂聴

■けばけばしい業の美意識よ!  「元気という病気」を自認していた著者がたて続けに大病に見舞われ、度重なる入院生活から無事帰還したその日から本書『いのち』が始まる。  自我(文学)と悟性(宗教)の境界………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]文芸

タンゴ・イン・ザ・ダーク [著]サクラ・ヒロ

タンゴ・イン・ザ・ダーク [著]サクラ・ヒロ

■地下室に隠れた妻を追って…  朝、目を覚ますと、妻がいなくなっていた。  〈しばらく地下室にいます。何かあったら電話かLINEください。K〉  天ぷらを揚げていて小さな火傷(やけど)をし、顔を見ら………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]文芸

幼なじみ萌え―ラブコメ恋愛文化史 [著]玉井建也

幼なじみ萌え―ラブコメ恋愛文化史 [著]玉井建也

■これは、オタク新時代の名著だ  「幼なじみは死なないわ。私が守るもの」とでも言ってくれるのかと思いきや、実は著者は幼なじみの魅力がわからないというスタンスで、幼なじみという存在を軸に近代の小説から………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]文芸

ルポ川崎 [著]磯部涼

ルポ川崎 [著]磯部涼

■街の陰を追って見えた希望の光  著者が月刊誌の連載で、川崎市南部の元不良少年たちを中心にしたルポルタージュを書くきっかけは、2015年2月に川崎市の多摩川河川敷で中学1年の少年が殺害された事件だっ………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]社会

インパール作戦従軍記―葦平「従軍手帖」全文翻刻 [著]火野葦平

インパール作戦従軍記―葦平「従軍手帖」全文翻刻 [著]火野葦平

■実相に極限まで迫る作家の執念  小津安二郎の映画「麦秋」を初めて見たとき、なぜ「麦」なのか考えなかった。内容は小津映画の典型で、婚期を逃した長女(原節子)を抱える家の顛末(てんまつ)が淡々と描かれ………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝

風神の手 [著]道尾秀介

風神の手 [著]道尾秀介

■うそで複雑にからむ因果の糸  『球体の蛇』『水の柩(ひつぎ)』など、道尾秀介は“嘘(うそ)”が重要な役割を果たす名作を発表しているが、本書はその到達点といえるだろう。  物語の舞台は、松明(たいま………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2018年01月28日
[ジャンル]文芸

ページトップへ戻る