2018年03月11日の書評一覧

九十八歳になった私 [著]橋本治/ ヲトメノイノリ [著]石田千

九十八歳になった私 [著]橋本治/ ヲトメノイノリ [著]石田千

■小説は「青春」から「玄冬」に  いえね、芥川賞を受賞した若竹千佐子センセの『おらおらでひとりいぐも』がベストセラーだっていうじゃないですか。74歳の女性のお話ですわね。あたしゃ知ってますよ。野間文………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]文芸

トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ―アルバム別インタビュー集成 [編]ポール・マー・ジュニア

トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ―アルバム別インタビュー集成 [編]ポール・マー・ジュニア

■音楽に向き合う真摯で誠実な姿  悪魔のような声と身ぶりで繊細な歌を紡ぐトム・ウェイツは、とても演劇的なパフォーマーだ。それに惑わされるせいか、取っつきにくいという印象も拭えない。しかし本書を読み進………[もっと読む]

[評者]細野晴臣(音楽家)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

10万個の子宮―あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか [著]村中璃子/反共感論―社会はいかに判断を誤るか [著]ポール・ブルーム

10万個の子宮―あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか [著]村中璃子/反共感論―社会はいかに判断を誤るか [著]ポール・ブルーム

■専門家に求められる冷静な判断  「他のシンポジストは患者を診ていない!」。子宮頸(けい)がん(HPV)ワクチンに反対する医師が、日本小児科学会のシンポジウムでワクチンを支持する登壇者たちに放った言………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]医学・福祉 ノンフィクション・評伝

老いぼれ記者魂―青山学院春木教授事件四十五年目の結末 [著]早瀬圭一

老いぼれ記者魂―青山学院春木教授事件四十五年目の結末 [著]早瀬圭一

■電話番号突きとめついに直接…  人生の終わりが近づきつつある。最後に何をなすべきか——。こう自問した早瀬圭一の前に、改めて毎日新聞の記者だった時代に取材した一つの事件が浮かび上がる。いまやすっかり………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

原発災害と地元コミュニティ―福島県川内村奮闘記 [編]鳥越皓之

原発災害と地元コミュニティ―福島県川内村奮闘記 [編]鳥越皓之

■揺れ動く村の姿、克明な記録  3・11から今日でちょうど七年を迎える。私は2015年から自治体の認可する公益事業の一環で定期的に帰還困難区域に入り記録を行ってきた。ここに来て現地は大きく様変わりし………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

津波の霊たち―3・11 死と生の物語 [著]リチャード・ロイド・パリー

津波の霊たち―3・11 死と生の物語 [著]リチャード・ロイド・パリー

■指が止まる現代の「死者の書」  千聖(ちさと)ちゃんが夜中に突然「学校がなくなった!」「大きな地震が来る」と泣きわめいた。あの3月11日の震災前のある夜のことだった。地震が起きるその朝、千聖ちゃん………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

ウェルス・マネジャー―富裕層の金庫番 [著]ブルック・ハリントン

ウェルス・マネジャー―富裕層の金庫番 [著]ブルック・ハリントン

■税払わないため、国家との闘争  本書は、著者がなんと2年間を費やして研修プログラムに参加し、「内部者」になり切ってウェルス・マネジャー(WM)という、うかがい知れぬ職能集団の調査を遂行した成果だ。………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2018年03月11日
[ジャンル]経済 社会

ページトップへ戻る