2018年04月28日の書評一覧

不染鉄之画集 [著]不染鉄

不染鉄之画集 [著]不染鉄

■幻の天才画家に胸がざわつく  没後40年の闇の底から「幻の天才画家・不染鉄、現る」というキャッチコピーと、「有名になれず こんな画をかくようになっちゃった だけどいヽよねえ」という作者の弁。この二………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

徴産制 [著]田中兆子

徴産制 [著]田中兆子

■男が子を産むのは荒唐無稽か?  ひえーッ男が子を産む? 本書を読んで聞かせたら明治生まれの亡き祖母は卒倒したにちがいない。けれど、夢物語がいともたやすく現実になってゆく日常を目の当たりにしてきた私………[もっと読む]

[評者]諸田玲子 (作家)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]文芸

エレクトリック・ギター革命史 [著]B・トリンスキー、A・D・ペルナ

エレクトリック・ギター革命史 [著]B・トリンスキー、A・D・ペルナ

■アウトサイダーが育んだ音色  中学生の頃、フォーク・ギターからエレクトリック・ギターに持ち替えた時、あっと驚いてしまった。これが同じギターなのか。音が手元ではなく目の前のアンプから出ている。比べも………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

沖縄 憲法なき戦後―講和条約三条と日本の安全保障 [著]古関彰一、豊下楢彦

沖縄 憲法なき戦後―講和条約三条と日本の安全保障 [著]古関彰一、豊下楢彦

■現在に至る幾つもの誤謬えぐる  戦後日本の憲法体制から外されていた沖縄県民、沖縄返還に至る国内政治、そして現在の沖縄問題への政府の対応など、本書は1945年8月の日本敗戦、連合国による占領支配から………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]歴史

太陽系観光旅行読本―おすすめスポット&知っておきたいサイエンス [著]O・コスキー、J・グルセヴィッチ

太陽系観光旅行読本―おすすめスポット&知っておきたいサイエンス [著]O・コスキー、J・グルセヴィッチ

■木星でインスタ映え写真撮る!?  子どもの頃SFに夢中だった。なかでも好きだった小説は、太陽系の各惑星にそれぞれ独自の文明があるという設定で、文庫本の巻末に各惑星の案内がついていた。たとえば水星は………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]科学・生物

失われた手稿譜―ヴィヴァルディをめぐる物語 [著]フェデリーコ・マリア・サルデッリ

失われた手稿譜―ヴィヴァルディをめぐる物語 [著]フェデリーコ・マリア・サルデッリ

■持ち主転々の数奇、史実に立脚  モーツァルトとヴィヴァルディは、明朗な澄んだ旋律の響きがどこかよく似ている。そして、2人とも奇(く)しくも貧窮のうちにウィーンで没したことも。本書は、ヴィヴァルディ………[もっと読む]

[評者]出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

墓石が語る江戸時代―大名・庶民の墓事情 [著]関根達人

墓石が語る江戸時代―大名・庶民の墓事情 [著]関根達人

■大規模調査から見えてくる事実  ねえ、あなた。お墓どうします?  いまどき「磯野家之(の)墓」みたいなのも、うーん。  古風でいいじゃないか、って、いえいえ。江戸時代のお墓をテッテイ的に調べた興味………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2018年04月28日
[ジャンル]歴史

ページトップへ戻る