書評・最新書評

大森実伝―アメリカと闘った男 [著]小倉孝保

[評者]上丸洋一(本社編集委員)

[掲載]2011年04月03日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

■ベトナム戦争報道、現代に問う

 1965年9月、毎日新聞外信部長の大森実(2010年死去)は、ベトナム戦争下のハノイに入った。大森は、米軍の激しい爆撃によってハンセン病の病院が壊滅的な損害を受けた、との原稿を書き送り、同紙に大きく掲載された。大森は、北ベトナム政府が作成した記録映画を見て原稿を書き、その点を記事に明記した。
 駐日米国大使のライシャワーは記者会見で「事実に反している」と述べて大森を名指しで非難。大森は翌年1月、毎日を退社した。
 著者は毎日新聞外信部記者。問題となったハンセン病院を45年ぶりに訪ねて、爆撃が事実だったことを確認する。「病気の重い人は逃げられず、何も抵抗できないまま無惨にも亡くなりました」と当時を知る患者が証言した。
 ライシャワー発言の後、毎日新聞社内でどんな議論があったのだろうか。報道における「中立」とは何か、「偏向」とは何か。さらに掘り下げたいテーマだ。
 上丸洋一(本社編集委員)
     *
 毎日新聞社・1680円

関連記事

ページトップへ戻る