書評・最新書評

出版大崩壊―電子書籍の罠 [著]山田順

[評者]

[掲載]2011年04月24日

[ジャンル]人文 社会 新書

表紙画像


 昨年は「電子書籍元年」と騒がれ、アップルのiPadやソニーのリーダーなど、さまざまな端末も登場した。出版不況の救世主と期待する声もある中で、著者は「電子書籍は普及していくとしても、それが紙のようにビジネスとして成立しない」「電子出版がつくる未来は幻想にすぎず、既存メディアのクビを絞めるだけ」と主張する。音楽業界、ゲーム業界、アニメ産業が衰退したことを例に挙げ、デジタル化は「失業を生むシステム」という。
 光文社の元編集者とあって、価格決定権から不法コピー、著作権の問題まで細かく目配りしていて説得力がある。電子書籍ブームに乗っかろうという安易な動きに、警鐘を鳴らす一冊だ。(文春新書・840円)

関連記事

ページトップへ戻る