書評・最新書評

トッカン 特別国税徴収官 [著]高殿円 

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2010年08月22日

[ジャンル]文芸

表紙画像


■税の徴収、あの手この手で奮闘


 本書の主人公は、映画「マルサの女」に描かれた国税庁査察部の査察官ではない。東京の京橋税務署の〈トッカン〉こと特別国税徴収官・鏡雅愛(まさちか)の補佐を務める新米の女性徴収官・鈴宮深樹(みき)が語り手を務める。
 勝手な理屈をつけては、税金を延々と滞納する人びとから、二人が何がなんでも税を徴収しようと、あの手この手で奮闘するさまが、臨場感豊かに描き出される。交渉相手は、コーヒーチェーン店の店主、自転車屋の親爺(おやじ)、町工場の経営者、高級クラブのママなど。おとなしく納税する者はおらず、つねに徴収官と論争になり、激しく対立する。徴収官は、たとえ嫌われようと罵倒(ばとう)されようと、職務だけは果たさなければならない。
 冷徹無比な鏡と、そんな鏡を嫌いながらも、どこかであこがれる深樹の心理の葛藤(かっとう)が、物悲しくもおかしい。専門用語が飛び交い、税法の講釈もあるが、邪魔にはならず、税務署のPR本?としても使えそうだ。
 ライトノベル、漫画原作の書き手らしく、ときどき用語の使い方に今風の乱れがあるが、ストーリーテリングのうまさは、職人わざといってよい。
 評・逢坂剛(作家)
     *
 早川書房・1680円

関連記事

ページトップへ戻る