書評・最新書評

ひとり語りー女優というものは [著]吉行和子

[評者]江上剛(作家)

[掲載]2010年05月30日

[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

表紙画像

■自分にふさわしい何かに出会う


 吉行和子って芸術一家のエリートだと思っていた。父は作家、母は有名美容師、兄と妹は芥川賞作家。これだけ並ぶと誰だってそう思うだろう。
 しかし、まったくそうではない。父の記憶なし、母は再婚、兄は家に寄りつかず、妹は引きこもり、従って一家団欒(だんらん)の経験なし。ドラマで家長の役を演じた際、家族を前に「いただきます」。なんとこれが初体験。なんだか悲しくて笑える。
 喘息(ぜんそく)で学校にまともに行くことができず、将来の夢もない時、芝居を見て「こんな世界があったのだ!」とフィクションの世界の自由さにあこがれて飛び込んだ。自分にふさわしい何かに出会えれば、こんなにも頑張れるんだと勇気づけられる。
 兄、吉行淳之介が、バラエティーに出演している著者を見て楽しそうに電話をかけてきた。著者は、そんな兄のためにもっとバラエティーに出ようと思う。いたわりあう良い兄妹だなとうらやましい。
 バブル紳士にだまされ借金地獄に。銀行にいじめられる。元銀行員の私は申し訳ない思いがして、頭を下げた。いい話を聞かせてもらったなとうれしくなる一冊。
 江上剛(作家)
    *
 文芸春秋・1500円

関連記事

ページトップへ戻る