書評・最新書評

更年期少女 [著]真梨幸子 

[評者]田中貴子(甲南大学教授)

[掲載]2010年05月23日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■大人になんかなりたくなかった

 ああ、「青い瞳のジャンヌ」!今から30年以上前に雑誌に連載されたマンガ(架空の)ですわよ。未完に終わったけれど、実は衝撃のラストがあったとか、作者は二人いたとか、いろいろな噂(うわさ)があるのですが、ネットの掲示板があって、オフ会が行われるほど熱狂的なファンが今もいますの。
 「青い六人会」もその一つ。ミレーユ、シルビアと互いを優雅な名前で呼び合い、フレンチレストランでひととき現実を忘れますの。たとえスープをぢゅるっと吸っても、セーターに毛玉がついていても、そのときだけは「少女」になるんですわ。
 いい年をした大人がそんなことしちゃいけないって? もちろん、みんな本当はいろいろ過酷な生活を抱えていますの。家庭の不和に借金、高齢出産に老母の介護。今の日本では特別な「不幸」じゃないわ。どんな人でも一つくらいは重いものを背負っているの。一番若いガブリエルさんだけはちょっと謎めいていて、自分のことは明かさないんだけど。でも、とっても素敵(すてき)な方だからいいの。
 大人って辛(つら)いもの。ええ、大人になんかなりたくなかった。「自立した大人の女性」が嫌いな男がいっぱいいるくせに、年をとったら相応にしろ、妻になれ母になれなんて、どうして強制されないといけないのかしら? 「少女」になるのは、わたくしたちのプロテストでもあるのですわ。
 ところが、わたくしたちの周囲で次々と事件が起こってしまうの。それは誰かの欲望の暴走によるらしいわ。そこに、マスコミが頭を突っ込んでますます事態は混乱して……。
 ミステリーを期待なさると、足元をすくわれますわ。謎解きの快感はありませんことよ。トリックは仕掛けられているけどね。それより、メンバーたちを描き出す著者の露悪的な筆を楽しむのはいかが? デビュー作の『孤虫症』もびっくりしたけど、女の生理的な気味悪さを暴き立てる文体は立派な才能ですわ。
 え、これを語っているわたくしは誰かって? さあ、わたくしは一体何者かしら。うふふふ。
 評・田中貴子(甲南大学教授・日本文学)
     *
 幻冬舎・1680円/まり・ゆきこ 64年生まれ。作家。『女ともだち』『ふたり狂い』など。

関連記事

ページトップへ戻る