書評・最新書評

天才の秘密―アスペルガー症候群と芸術的独創性 [著]マイケル・フィッツジェラルド

[評者]横尾忠則(美術家)

[掲載]2010年01月17日

[ジャンル]人文 医学・福祉

表紙画像


■純真・不器用…資質が共通

 我こそは天才なりと自認、もしくは密(ひそ)かに天才性を誇る芸術家には、この本は自分のことを書いているという妄想を呼ぶ。この思いこみがすでに軽度の自閉症、アスペルガー症候群の人である証拠ともいえそうだ。
 しかし、心配ご無用。本書は芸術的天才性をもつアスペルガー症候群の人たちを嘲罵(ちょうば)することも責めとがめることもない。むしろ、称賛するのが目的なのだ。といって彼らがすべて天才かというとそうとも限らない。文学や音楽や絵画などにおける天才芸術家に共通する多くの資質にアスペルガー症候群の特徴がある、と言っているのだ。
 それはどんな特徴なのかというと、社会的地位に関心が薄く、虚飾を嫌う。またベートーベンみたいに無頓着なほど無防備で、かと思うと支配的で利己主義が強く、バルトークのように子供のような純真性を持つ。そのうえ、不器用でがんこ、対人関係が苦手ときている。
 コナン・ドイルやエリック・サティみたいに、宗教的気質を特徴とし、精神世界や魔術的なものに惹(ひ)かれ、超自然やオカルトに傾倒する傾向もある。サティは技法的には無能でランク的には二流とされるが、この短所を長所に変えてしまう天才的能力が一方にある。彼らに特徴的な反抗的、反体制的資質がそれを可能にするのだろう。
 またアスペルガー症候群の人は狂的な蒐集(しゅうしゅう)魔でもある。特にアンディ・ウォーホルは物を捨てられない習癖が強く、自分がアートで何をすべきかもわからず、私の言いたいことは絵の背後にある、と発言した。
 でもこれで十分じゃないか。すべての人が何をすべきかわかっているのか、とウォーホルに代わって問いたい。彼は人格的に未成熟と指摘されるが、芸術の核はアンファンテリズム(幼児性)。芸術家なら幼児の純粋な視線を取り戻せるはずだ。
 そして天才芸術家には、自分がエイリアンだと思っている場合があるらしい。あるいはゴッホのように、「狂人の役どころを素直に引き受けようと思っている」者も、彼らの中には多いのではないだろうか。
   *
 井上敏明監訳、世界思想社・2415円/Michael Fitzgerald アイルランド自閉症協会の臨床・研究顧問。

関連記事

ページトップへ戻る