書評・最新書評

ギターと出会った日本人たち―近代日本の西洋音楽受容史 [著]竹内貴久雄

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2011年03月27日

[ジャンル]歴史 アート・ファッション・芸能

表紙画像


■草創期の隠れた業績を再構築

 大衆楽器といわれるわりに、ギターはピアノやバイオリンに比べて、関連文献や研究書が極端に少ない。ギタリストの伝記もめったになく、自伝にいたっては若き日のセゴビアのもの、日本では小原安正のものくらいしか、思い浮かばない。
 本書は、そうした大きな空白を埋めるには、少々物足りないほどの小著だが、それでも著者の文献博捜ぶりには、しんから驚かされる。ギター普及に功があったとして、比留間賢八や武井守成、池上冨久一郎、中野二郎、大河原義衛らの名前が挙げられ、それぞれの作曲と演奏活動を含む経歴が、詳しく紹介されている。一般の音楽史には、まず出てこない人びとがほとんどで、ギターを多少かじった筆者のような人間にも、なじみのない名前がずらりと並ぶ。
 著者は、そうした人びとの隠れた業績を、数少ない関係者へのインタビューや、散逸した雑誌記事などから、できるかぎり正確に再構築しようとする。その、たゆまざる渾身(こんしん)の努力は草創期、黎明(れいめい)期のギタリストたちの執念、辛苦と重なって、一読まことに感慨深いものがある。
 資料的価値の高い労作、といえよう。
 逢坂剛(作家)
     *
 ヤマハミュージックメディア・2100円

関連記事

ページトップへ戻る