書評・最新書評

本に遇う1・2 [著]河谷史夫

[評者]

[掲載]2011年02月20日

[ジャンル]文芸 社会

表紙画像

 会員誌「選択」に10年以上書き継がれたエッセーをまとめたものだ。読書とは世界を読み、人間を読むことなのだ、と断じる著者。毎回、本を巡っての文章が続くが、書評ともいえない。時の事件や世情、はたまた著者の日常に本が重ね合わされ、警句にも似た文章がつづられる。ベストセラーなどほとんど登場しない。中江丑吉、川上澄生、谷川雁、車谷長吉、山本夏彦、茨木のり子……。著者好みの人名をあげれば、あるこだわりと偏向がみえてくる。でも、角のないツルリとした文章で語られる「世界」や「人間」など何がおもしろいか。と、再確認させられる。(彩流社・各2310円)

関連記事

ページトップへ戻る