書評・最新書評

王のパティシエ―ストレールが語るお菓子の歴史 [著]ピエール・リエナールほか

[評者]鴻巣友季子(翻訳家、エッセイスト)

[掲載]2011年02月13日

[ジャンル]歴史 文芸

表紙画像

■古き時代を甦らせるレシピ本

 18世紀前半、元ポーランド王の娘マリアの輿入(こしい)れに付いてきたニコラ・ストレールは、ルイ15世のパティシエとなり、やがてパリに菓子店を構える。これが老舗店「ストレール」の始まりだ。本書は実録ではない。店に残るレシピや記録、史料、文学的文献などを元に、丹念に作りあげられた精緻(せいち)なフィクションである。
 革命前年、パリの街では怒りに駆られた人々が火を放ち、略奪や殺人が横行している。ストレール翁は曽孫に菓子作りの奥義と食の歴史を伝承するため、日記を書くことにした。美食の歴史がメソポタミアから繙(ひもと)かれる。マカロン好きだったラブレーの著書や『ドン・キホーテ』からの引用。パティシエとは元々、塩味のパテやタルトを作る職人を指したこと。ワッフル売りや牛乳売りの呼び声など、街のサウンドスケープが再現されるのも楽しい。本書は、小粋な風刺小説であり、過去から過去へ遡(さかのぼ)る二重の歴史書であり、古き時代を甦(よみがえ)らせるレシピ本である、という夢のような一冊だ。ストレールのお菓子の小箱のように愛らしく、そしてあらゆるものが詰まっている!
 鴻巣友季子(翻訳家)
     *
 塩谷祐人訳、白水社・2310円

関連記事

ページトップへ戻る