書評・最新書評

ラーメン二郎にまなぶ経営学 [著]牧田幸裕

[評者]久保文明(東京大学教授)

[掲載]2011年02月06日

[ジャンル]経済

表紙画像

■魅力の核心に伝道師的な顧客

 超大盛りの麺、脂こってりのとんこつ醤油(しょうゆ)スープ、巨大なチャーシュー、円錐(えんすい)型に盛られる野菜。健康志向のこんにち、1400キロカロリーにはなろうかとも思われるこのラーメンが、そして基本的にラーメンの「大」と「小」、そしてチャーシューのボリュームしか選択肢を提供しない店「ラーメン二郎」が人気である。35ある直営店のほとんどで大行列ができる。本書は経営学的観点から、二郎の成功の秘密を分析する。
 そもそもいろいろなメニューを揃(そろ)えるほど、店の個性は失われていく。体育会系的な学生に顧客を絞った戦略が成功の基本であるが、同時に、二郎が提供する価値は、巨大なラーメンを完食した「達成感」と「爽快感」であると著者は説く。
 とくに興味深かったのは、二郎の魅力の核心は、その顧客の特質、著者のいうエバンジェリスト(伝道師)的性格を指摘した部分であった。ラーメン二郎のファンは、「二郎の顧客であると同時に、二郎という特別な時間を他人にもシェアするエバンジェリストになるのだ」。しかしこれは狭い意味の経営学を超えた技かもしれない。
 久保文明(東京大学教授)
 (東洋経済新報社・1575円)

関連記事

ページトップへ戻る