書評・最新書評

畦と銃 [著]真藤順丈

[評者]

[掲載]2011年08月21日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 「○○と××」という作品の題は、例えば「灰とダイヤモンド」のように、対照的な二つが並ぶことでインパクトを生む。と、分かっていても、まさか、牧歌的な田んぼの畦道(あぜみち)にハードボイルドな銃を持ってくるとは。その驚きから物語は始まる。
 舞台は人口770人の、「あくびがでそうな」御薙村。そこに、畦で仕切った世界に収まっていられない「あぜやぶり」なヤツらが生きる。農家は横暴な地権者に「百姓の百ある業のひとつめ、一は一揆だ」と蜂起。林業家も、畜産家も、また暴れる。
 一人称の語り手は、時に説明なく方言を使い、展開も天衣無縫で、まさに「あぜやぶり」。農村は消えても民は消えぬとばかりの熱がこもる。(講談社・1680円)

関連記事

ページトップへ戻る