書評・最新書評

緑の毒 [著]桐野夏生

[評者]

[掲載]2011年09月25日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 妻と2人で暮らす39歳の開業医・川辺康之は、希少価値が高いスニーカーなどブランドものを、こよなく愛する男だ。ところが、裏の顔は連続レイプ犯。医者の立場を利用して手に入れた薬品で女性たちを眠らせ、犯行に及ぶ。嫉妬と妄想と興奮が彼を包む。被害者たちはあるきっかけで連絡を取り合い、川辺の犯行を徐々につかんでいく。医院の経営難と人間関係、妻の浮気が絡み、川辺の周辺は騒然となっていく。
 iPhoneでのメールやツイッター、ネット投稿など情報ツール、女子会やオフ会といった現代的な現象が効果的にちりばめられ、苦労して医者になった男の邪悪な部分とレイプされた女性たちの心の痛みが鮮烈に描かれる。
    ◇
 角川書店・1470円

関連記事

ページトップへ戻る