書評・最新書評

阿蘭陀が通る―人間交流の江戸美術史 [著]タイモン・スクリーチ

[評者]田中貴子(甲南大学教授)

[掲載]2011年10月02日

[ジャンル]歴史

表紙画像

■異国人と日本人の交流鮮やかに

 島田荘司が写楽の正体解明に小説のかたちで挑んだ『写楽 閉じた国の幻』(新潮社)を読んだとき、その「正体」には疑念を覚えたものの、別の話題にすこぶる興味をひかれたことがある。18世紀のオランダ人たちによる「参府」がそれである。
 「参府」とは、長崎・出島に駐在しているオランダ商館長(カピタン)と医師、そして書記の3人が、日本人通訳らとともに江戸へのぼり将軍にお目通りする儀式である。初期は毎年行われていたが、後には数年おきになったという。3週間の江戸滞在のために、往復4カ月もかかった記録がある、大がかりな行事だった。当然、道中では異国人と日本人との間に何がしかの交流があっただろう。
 そうした人的交流の記憶を、絵画資料をもとに再構成したのが、まさに本書なのである。「阿蘭陀(おらんだ)人」と一括されたヨーロッパ人たちは、各地の旅館や料亭、出会った人々の様子を「オランダ商館日記」に書き残していたのだ。著者は日本側の資料と「オランダ商館日記」をつきあわせることによって、日欧交流の現場とその温度差をあぶり出すことに成功している。
 たとえば、各地の観光案内ともいえる「名所図会」の挿絵にはしばしば異国人が描かれるが、本書によると実際彼らは京大坂で名高い寺院に行き、人形芝居を見ていることがわかるのだ。現代人が思っているほど、江戸時代の異国人は「不自由」ではなかったということだろう。
 ただし、死んだ異国人の土葬については、厳しく制限されていたようだ。中でも、参府の帰途で没したカピタン・ヘンメイの西欧式の墓が静岡県に造られた経緯は、死をめぐる文化交流の具体例である。このヘンメイに随伴した書記・ラスこそが島田の小説の中心人物だ。両書を読み比べてみるのも面白いだろう。
 「閉じた国」日本という認識を改めさせる好著である。
    ◇
 村山和裕訳、東京大学出版会・2940円/Timon Screech 61年生まれ。ロンドン大教授。専門は日本近世文化。

関連記事

ページトップへ戻る