書評・最新書評

ラーメンと愛国 [著]速水健朗

[評者]斎藤環(精神科医)

[掲載]2011年11月27日

表紙画像

■なぜ作務衣を着るのか

 確かに謎だったのだ。なぜ最近のラーメン屋店主は、藍染めのTシャツや作務衣(さむえ)を着てタオルを頭に巻くのか。なぜ相田みつを系の人生訓やら「ラーメンポエム」を壁に張り出すのか。
 こうした疑問にピンと来た方は手に取るべし。巻措(お)くあたわざる知的興奮で満腹になることうけあいである。
 もともとは中国発祥のラーメンが、なにゆえ国民食とまで呼ばれうる存在となったのか。著者はその背景に敗戦後に展開されたアメリカの小麦戦略と大量生産、大量消費の時代をみる。登場人物はチキンラーメンの発明者・安藤百福(ももふく)から列島改造の田中角栄まで多士済々。一杯のラーメンには戦後日本の消費文化史が凝縮されているのだ。
 作務衣に象徴される「捏造(ねつぞう)された伝統」という物語に依拠するナショナリズム、それがラーメン道だ。著者の得意とするヤンキー文化への接続がなされないのは心残りだが、後味の爽やかな日本人論としても読める。
    ◇
 講談社現代新書・798円



関連記事

ページトップへ戻る