書評・最新書評

隔離の文学―ハンセン病療養所の自己表現史 [著]荒井裕樹

[評者]中島岳志(北海道大学准教授・南アジア地域研究、政治思想史)

[掲載]2012年01月29日

[ジャンル]人文

表紙画像

■文学への衝動生んだ葛藤

 かつてハンセン病は一等国には相応(ふさわ)しくない「国辱病」とされ、後進性の象徴として隔離・撲滅が図られた。その中で綴(つづ)られた患者たちの「自己表現としての文学」に著者は注目する。
 ハンセン病患者は優生思想に基づいて「断種」を強いられた。戦前は「国家への忠義」として、戦後はかわいそうな子供を作らないという「人間回復」の名のもとに、生命への暴力は進められた。著者によれば、患者たちは、この優生思想に自発的に服従していった。彼らは自己の存在を否定することを使命と感じ、その使命への献身が喜びとなる「屈曲した自己認識」を抱いた。彼らが紡いだ文学には、狂おしい使命感がにじみ出る。
 しかし、屈折した喜びには、底のない悲しみが同居した。彼らは過酷な葛藤を抱えながら、私的な感情を隠喩的に吐露した。そこには政治に回収されない文学への衝動が存在した。隔離政策の過酷な軌跡をたどると共に、文学の本質を問い返す重厚な一冊。
    ◇
書肆アルス・2310円



関連記事

ページトップへ戻る