書評・最新書評

数学者の哲学+哲学者の数学―歴史を通じ現代を生きる思索 [著]砂田利一、長岡亮介、野家啓一

[評者]

[掲載]2012年02月12日

[ジャンル]人文 科学・生物

表紙画像

 数学者(砂田)、哲学者(野家)、そして元カリスマ予備校教師でもある数学史家(長岡)の3人が、数学と哲学との「あいだ」にある様々な問題を論じ合った。数学と哲学は、古来表裏一体の関係にありながら、現代では数学理論の高度化につれて溝が深まっている。二つの分野の専門家が時にはかみ合わないやりとりを重ね、時には新たな発見にひざを打つさまが楽しい。数学者と数学史家が、例えば「無限」をどう考えるかといった根本的な点で対立する場面にも引き込まれる。震災後に語られた終章「学問の責任について」では、リスク社会において哲学と数学の果たすべき役割について議論。「実りある不一致」の重要さを確認している。
    ◇
東京図書・2310円

関連記事

ページトップへ戻る