書評・最新書評

仙台ぐらし [著]伊坂幸太郎

[評者]

[掲載]2012年03月11日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 伊坂幸太郎は仙台を描き続けている。例えば小説『ゴールデンスランバー』は、首相暗殺犯に仕立てられた男が街を逃げ回る。
 自らが暮らす仙台に関するエッセー15本を載せた本書は、作家が日々どう想像力を働かせているのか、創作の原点を感じさせる。「見知らぬ知人が多すぎる2」は、喫茶店で見知らぬ男性と出会う話だ。その男性を、身近なある人と重ねて楽しんでしまう。
 一方で震災後に書いた「いずれまた」では、覆いに隠された仙台駅を包帯と重ねる。回復を祈るような想像力が胸を突く。
 想像力に触れ、震災ボランティアの2人を描く巻末の短編「ブックモビール」を読むと、震災に限らず、厳しい現実に向き合える気がしてくる。
    ◇
 荒蝦夷・1365円

関連記事

ページトップへ戻る