書評・最新書評

河・岸(かわ・ぎし) [著]蘇童(スートン)

[評者]

[掲載]2012年04月15日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 文化大革命の時代を描きながら、これほど人間味豊かな物語が中国にあったのか、と驚かされる。蘇童(1963〜)は現代中国を代表する作家の一人。チャン・イーモウ監督の映画「紅夢」の原作者である。
 舞台は江南の町油坊鎮。庫文軒は革命の犠牲になった女性の英雄の息子とされ、町の権力者だった。今ではその血統を否定されて陸の世界を追われ、「空屁(すかしっぺ)」というあだ名をもつ息子の東亮と一緒に河で船上生活を送る。その波乱に富んだ日々が東亮の目で回想される。父子の暮らす「河」の世界と、それを虐げる「岸」の世界とが対比して描かれ、文革期に民衆が強いられた不条理が浮き彫りになる。
    ◇
 飯塚容訳、白水社・2835円



関連記事

ページトップへ戻る