書評・最新書評

貧困待ったなし!―とっちらかりの10年間 [編]自立生活サポートセンター・もやい

[評者]鷲田清一(大谷大学教授・哲学)

[掲載]2012年05月06日

[ジャンル]社会

表紙画像

■親密な場所と組織化の矛盾

 この社会の貧困の問題に最底辺のところで対応してきた支援グループの、あまりに率直な、そして考えぬかれた地声の中間総括である。
 所持金・平均500円で、何もかもが立ちゆかなくなった人びと。その人たちのための定例相談会と、ホームレスの人にとって最難関の問題であるアパート入居時の連帯保証から始めた活動は、やがてネットカフェ難民、虐待から逃げてきた人など相談者も激増して「野戦病院化」するとともに、個人の自由な集まりから組織への移行・拡大を避けられなくなる。その間にスタッフが経験したディレンマはとてつもなく重い。
 だれでも入ってゆける小さくて緩くて親密な場所は、濃すぎれば煮詰まる。が、組織化すれば、問題の核にある「人間関係の貧困」への対応がいやでも疎(おろそ)かになる。反貧困は一つのネットワークで担いきれるものではない。この先にある「独りにならずに1人で暮らせる」社会という課題に無縁でいられる人はいない。
    ◇
 岩波書店・1995円

関連記事

ページトップへ戻る