書評・最新書評

情熱の階段―日本人闘牛士、たった一人の挑戦 [著]濃野平

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2012年05月20日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

■生と死のはざまの体験記
 
 本書は、途方もない大夢を抱き、しかもそれをみごとに実現した、ある日本人闘牛士の苦闘の物語である。
 著者は、闘牛士になるという固い決意のもと、裸一貫スペインへ渡る。ゼロから出発して、何度も挫折を繰り返しながら、ついに日本人として最高の、ノビジェロ・コン・ピカドール(最高位の一歩手前)にまで、昇り詰める。
 まさに、努力と執念なくしては実現しえない、生と死のはざまの体験記だ。闘牛に関する本は、ヘミングウェイや佐伯泰英など、多くの作家や研究者が書いている。しかし、現役の闘牛士が体験を綴(つづ)った本は、日本語ではおそらくこれが初めてで、その臨場感には圧倒される。好きだから、と口で言うのはたやすいが、ここまで徹底してやり抜く人は、そうはいないだろう。
 「闘牛士と牛の闘いなど、存在しない。牛は、闘牛士の創り出す作品の、素材にすぎない」。この、よくも悪くも冷徹な悟りが、闘牛の本質をよく表している。
    ◇
 講談社・1470円

関連記事

ページトップへ戻る