書評・最新書評

遺稿 [著]立川談志 [絵]山藤章二

[評者]

[掲載]2012年05月27日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能

表紙画像

 談志死す、の報が流れた去年11月23日。「週刊現代」には、談志連載がいつも通り載っていた。それらを再構成した一冊。
 「ある時、俺が怒った。その時の態度がよかった。“怒られちゃった”。可愛(かわ)いいの何の、俺、この一言でこの人を嫁にと決めてよかった」と書く「女房(ノン)くんのこと」。「小沢一郎、悪(わ)るそうな奴(やつ)である。第一に面がよくない」「世界に天才は二人居る。それはレオナルド・ダ・ビンチと手塚治虫」「銭湯は裏切らない」といった言葉が、病で声を失った後も、筆で残された。「俺の文章てのは普段喋(しゃべ)っている事をそのまま書いてるだーけ」。その至難の業を軽々とやってのけたのが、立川談志だった。
    ◇
 講談社・1500円

関連記事

ページトップへ戻る