書評・最新書評

ロスジェネの逆襲 [著]池井戸潤

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2012年08月05日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■粘りと不屈の精神、本領発揮

 バブル期に銀行マンになった、半沢直樹・金融シリーズの3作目に当たる。今回は、バブルがはじけたあと入社した、ロスジェネ(ロスト・ジェネレーション)と呼ばれる世代の社員が、半沢とともに熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げる。
 東京中央銀行から、系列の東京セントラル証券へ飛ばされた半沢は、IT企業の電脳雑伎集団による、競合会社東京スパイラルの買収計画に、アドバイザーとして加わる。ところが、せっかく結んだ業務契約を、理不尽にも本家本元の親銀行に、横取りされてしまう。怒った半沢は、ロスジェネの後輩森山や、親銀行の同期行員の協力を得て、反撃を開始する。そして逆に、東京スパイラルとアドバイザー契約を結び、親銀行をぎゃふんといわせる策謀に、取りかかる。その、粘り強さと不屈の精神の発露が、池井戸作品の身上だ。実際にはありえない話かもしれないが、それを単純化した小気味よいストーリーは、猛暑をしのぐ一服の清涼剤、といえよう。
    ◇
ダイヤモンド社・1575円

関連記事

ページトップへ戻る