書評・最新書評

転がる空に雨は降らない [著]小野寺史宜

[評者]

[掲載]2012年08月26日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 一つのキックが二つの家族を狂わせる。喪失から再起の兆しを描いた長編小説。
 30代半ばを迎えたプロのサッカー選手、灰沢考人は控えのゴールキーパー。小学生の息子と広場でサッカーをしていて、灰沢の蹴ったボールが車道に飛び出してしまう。息子を失い、妻との関係は壊れ、練習に集中できず、引退の二文字が頭をよぎる。一方、車を運転していて加害者となった父の思いを胸に、高校生の砂田佳之也はユースからプロ選手を目指す。
 自分を追い抜いてゆく後輩たちに実は支えられている灰沢、練習相手をしてあげた小学生に刺激される佳之也。誰かに支えられていることの強さが伝わってくる。
    ◇
新潮社・1575円

関連記事

ページトップへ戻る