書評・最新書評

147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官 [著]川瀬七緒

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2012年09月02日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■ウジのコカイン、犯人への路程

 昨年度、江戸川乱歩賞を受賞した、2人の女性作家のうちの1人、川瀬七緒の受賞後初の長編。
 物語は、放火事件による女の焼死体の、解剖場面から始まる。およそ、女性作家らしくない、不気味な巻頭シーンだ。さらに、死体から球状のウジの塊が出てくる、という強烈な追い撃ちがあって、ますますインパクトが強まる。
 事件を担当する、ベテランの警部補岩楯、若手刑事鰐川のコンビに、女性法医昆虫学者(おそらく本邦初)の赤堀涼子が、捜査に加わる。涼子は、周囲の刑事たちにうとまれながら、気後れせずに専門知識を駆使し、独自の捜査活動を展開する。採取されたウジからコカインが検出され、それがどこから由来したものか、ルーツをたどっていく過程が、読み手の興味を引っ張る。主要なキャラクターも、よく描き分けられている。
 意外な犯人といった、本格ミステリー的な驚きはないものの、第1長編としては及第点をつけて、いいだろう。
    ◇
講談社・1680円

関連記事

ページトップへ戻る