書評・最新書評

マリーエンバートの悲歌 [著]マルティン・ヴァルザー

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)

[掲載]2012年10月21日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■ゲーテ55歳差「最後の恋」

 ドイツの文豪ゲーテが74歳のときに19歳の女性(ウルリーケ・フォン・レヴェッツォー)に求婚したのは有名な話。自分の主君であるカール・アウグスト公に仲介の労をとってもらい、きわめてフォーマルに申し込んだのに、先方からはうまくはぐらかされ、「これからもよいお友だちでいましょう」という雰囲気で別れざるを得なかった。本書は、体よくふられて悶々(もんもん)とするゲーテの気持ちを、執筆当時すでに80歳を超えていたヴァルザーが、微に入り細に入り描いてみせた小説である。
 地位と名声を手に入れ、すでに孫もいる大作家ゲーテの片思い。この片思いから美しい詩の数々が生まれたと思えば、まあ、よかったんじゃないのといいたくもなる。ウルリーケが一生結婚しなかったという話は、この本で初めて知った。いつも母親の監視下にあったウルリーケの本心は、どこにあったのだろうか。読了後、そっちの方が猛烈に気になってきた。
    ◇
 八木輝明訳、慶応大学出版会・3360円


関連記事

ページトップへ戻る