書評・最新書評

天草の豪商・石本平兵衛 1787—1843 [著]河村哲夫

[評者]出久根達郎(作家)

[掲載]2012年10月21日

[ジャンル]歴史 経済

表紙画像

■忘れられた大商人の素顔

 三井・住友・鴻池に次ぐ江戸期の豪商だが、この人の名を知る人は多くないだろう。
 薩摩を始め九州諸藩の御用商人として活躍し、唐津藩主だった水野忠邦に取り立てられる。水野の金主となり、彼の昇進を支援する。水野はやがて幕府の老中となり天保の改革を進めるのだが、石本も勘定所御用達を仰せつかる。冒頭の三商人が占めていた特権を得たのである。
 しかし石本の命運は、水野の栄達に左右される。権力との癒着は、消長を共にすることだ。砲術家・高島秋帆と連携し、西洋兵器の輸入をもくろんだ石本は、洋学者を嫌う鳥居耀蔵の手で逮捕される。渡辺崋山や高野長英らを弾圧した「蛮社の獄」の余勢である。石本は獄死し、半年後、水野は強権政治を非難され失脚する。
 本書は五百ページの伝記だが、いま一つ平兵衛の姿がはっきりしない。彼の研究は学界で始まったばかりという。最大の謎は、これほどの豪商の名がなぜ忘れられたか、だ。
    ◇
 藤原書店・3990円

関連記事

ページトップへ戻る