書評・最新書評

江戸の読書会 会読の思想史 [著]前田勉

[評者]出久根達郎(作家)

[掲載]2012年12月02日

[ジャンル]教育

表紙画像

■会読で、学校教育の閉塞打破を

 江戸時代の子どもは、六、七歳頃(ごろ)から勉強させられた。武家は藩校や私塾へ、庶民は手習い塾の寺子屋へ通う。どちらも最初は素読(そどく)といって、師の読む通りを声に出して読む。次に暗誦(あんしょう)する。この段階で大切なことは、子どもたちが本を嫌いにならぬよう、テキスト選びに注意する。
 武士の子は十五歳前後から、講釈と会読(かいどく)を行う。会読は大体十人ほどが一グループとなり、クジでその日の講者を決め、前から指定されているテキストを読んで講義する。他の者は疑義を質問し、講者が答える。全員が予習をしないと成立しない勉強法である。先生は口を出さない。どうしても答えが出ない時や、対立した際に判定を下す。会読は活発な討論の場であった。子どもたちは、いろんな意見や考えがあることを学んだ。
 明治以降の学校教育は画一的になった。著者は会読の伝統継承が、現代の閉塞(へいそく)状況を打破することにつながらないかと提案する。望ましい政治家を育てるためには必要か。
    ◇
 平凡社選書・3360円

関連記事

ページトップへ戻る