書評・最新書評

みんな「おひとりさま」 [著]上野千鶴子

[評者]松永美穂(早稲田大学教授・ドイツ文学)

[掲載]2012年12月16日

[ジャンル]社会

表紙画像

■高齢者が安心できる社会こそ

 『おひとりさまの老後』『男おひとりさま道』(いずれも法研)に続く、「おひとりさま」についての最新著書。さまざまなメディアに発表された文章が集められていて、著者が人生を振り返る「聞き書き」あり、講演あり、対談ありと、中身は盛りだくさんだ。
 「おひとりさま」前著に対する男性読者の反応や、団塊ジュニア世代の研究者からの反論を受けて書かれた部分もあり、結果的に男女や世代を問わない広い読者層に向けた内容になっている。前著を読んでいない人でも、現代日本が抱える高齢化社会の問題や、著者が提案する「個」を基本とした生き方の心構えについて、たくさんの情報と、考えるきっかけを得ることができるだろう。わたし自身、年金などのいわゆる「世代間格差」について漠然とした不満を抱いていたが、「高齢者にとって安心できる社会保障制度をつくることは、結果的にニート、フリーターにとってもプラス」といった指摘に大いに蒙(もう)を啓(ひら)かれた。
    ◇
 青灯社・1470円

関連記事

ページトップへ戻る