書評・最新書評

塀の上を走れ [著]田原総一朗

[評者]

[掲載]2013年01月20日

[ジャンル]政治

表紙画像

 軍国少年→作家志望の若者→交通公社のダメダメ社員→岩波映画の落ちこぼれ撮影助手→東京12チャンネルのディレクター→フリーの書き手→「朝生」と「サンプロ」。印象的なのはテレビディレクターだった30代のころ。面識もなかった安部公房に直談判してドラマを書いてもらったことや、原一男がアシスタント・ディレクターだったドキュメンタリー「日本の花嫁」の制作秘話など、取材対象者と精神的にも肉体的にも素っ裸になってとことんつきあう様子が熱く伝わってくる。面白い番組を作るためなら〈塀の上を走る。でも、中には落ちない〉と犯罪ギリギリのところまでやっていた強烈なエピソードの数々に引き込まれる。
    ◇
 講談社・1680円

関連記事

ページトップへ戻る