書評・最新書評

こころ朗らなれ、誰もみな [著]アーネスト・ヘミングウェイ [訳]柴田元幸

[評者]福岡伸一(青山学院大学教授・生物学)

[掲載]2013年01月27日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■優しく暖か 新たな作家像

 まず、なんといってもこのタイトルが実にすがすがしく、かっこいいではないか。原題は、God Rest You Merry, Gentlemen。新潮文庫の高見浩訳では「神よ、男たちを楽しく憩わしめたまえ」となっている。ともすれば、マッチョなイメージの強いヘミングウェイだが、翻訳の名手、柴田元幸は一風変わった物語ばかり19を選び、軽やかに訳してみせた。
 柴田訳の極意は、原文の言葉をできるだけその出現順に忠実に日本語に置き換える、というところにあると思う。英語と日本語の構文の差の性格上、その操作は短い文の連なりとなって表れる。それが自然に、シンプルなリズム、やわらかな情感、そこはかとないユーモア、暖かい空気となって立ち上がってくる。
 クリスマスに病院に集うどこか壊れた人々に注がれる優しい眼差(まなざ)し。ヘミングウェイはほんとうはこういう作家だったのかもしれない。そんなことを気づかせてくれる素敵(すてき)な短編集。
    ◇
 スイッチ・パブリッシング・2520円

関連記事

ページトップへ戻る