書評・最新書評

夫婦の散歩道 [著]津村節子

[評者]逢坂剛(作家)

[掲載]2013年02月17日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

■胸に染みこむ淡々とした語り口

 著者にはすでに、夫君吉村昭の凄絶(せいぜつ)な闘病生活と、それを支えた家族の痛切な記録、『紅梅』がある。これは、小説の形で書かれた作品だが、本書はエッセイのせいか、筆の運びはだいぶ落ち着いている。9割以上が、吉村昭の死(2006年)以降に書かれたものである。
 文学に志した青春期に始まり、夫の死を含む近年までの思い出が、あくまで感情を抑えた筆致で、さりげなく綴(つづ)られていく。随所に、吉村の影が立ち現れるのが、まことになつかしく、そして切ない。妻として夫として、さらに作家同士としての共同生活は、かくも厳しく、かくも温かいものであったのか。それをあらためて、思い知らされる。淡々とした語り口だけに、かえって深く胸に染み込む。
 評者はこの世代の作家に、今の作家を超える熱気、志の高さのようなものを、強く感じる。夫君のエッセイ、『東京の下町』『私の文学漂流』などを併読することで、より興趣がわくことを請け合う。
    ◇
 河出書房新社・1575円

関連記事

ページトップへ戻る