書評・最新書評

建築家、走る [著]隈研吾

[評者]

[掲載]2013年03月17日

表紙画像

 4月開場の新しい歌舞伎座の設計を手がけた建築家が、建築とは何か、建築家とは何者かを、自身と自作を通して語る。バブル崩壊後の10年で地方の建築物をいくつかつくり、「その場所でしかできない」「際立って特別な建築」への思いが深まったという。それは同時に「コンクリートに頼ってできた、重くて、エバった感じ」の20世紀的建築の否定でもある。制約があれば、それを乗り越えて面白いものができるという発想で、利き腕の右手のけがも完全に治さない。建築家に要求されるのは、心身兼ね備えたタフさ。グローバリゼーションの時代、「競走馬」として世界を飛び回る建築家が見れば、日本だけが21世紀に取り残されている。
    ◇
 新潮社・1470円

関連記事

ページトップへ戻る