書評・最新書評

学問は現実にいかに関わるか [著]三谷太一郎

[評者]

[掲載]2013年03月31日

[ジャンル]教育

表紙画像

 日本近代政治史の研究者が、福沢諭吉、吉野作造、大山郁夫、蝋山政道、丸山眞男らを例に、学問と現実の関わりを考えた。福沢は、高い水準の「学問」を担う人間に「人望」が集まるとし、人望がなければ学問は用をなさないと述べた。学問の危機はしばしばそれを担う学者の人望の危機という形で現れる、との著者の指摘は重い。
 「現実」と「現在」を混同してはいけないともいう。様々な面をもつ「現実」の構造をとらえること。「現在」が永遠に続くと信じる権力崇拝によって曇らされない、状況判断能力を保つこと。それが学問の任務だという。表紙は、吉野の蔵書印がある『学問ノスヽメ』の「学者ノ職分ヲ論ス」。象徴的だ。
    ◇
 東京大学出版会・2940円

関連記事

ページトップへ戻る