書評・最新書評

プロイセン東アジア遠征と幕末外交 [著]福岡万里子

[評者]荒俣宏(作家)

[掲載]2013年05月05日

[ジャンル]歴史

表紙画像

■困難多かった「開国」への道

 オイレンブルク伯爵が率いるドイツ初の日本訪問使節団は、自然から民俗習慣におよぶ幕末日本の貴重な調査資料を残した。ただし、一行は物見遊山に来たのではなく、露仏英蘭米の五カ国と同じ修好通商条約を結ぶ交渉に来たのだ。こちらはきわめて困難な交渉となり、担当した外国奉行堀利熙(としひろ)を理由不明の自刃にまで追い込んだ。本書は自刃の真相にせまりつつ、これまで五カ国との条約成立をもって全面開国と思われた「鎖国」の常識を、外国側文書の検討を軸に突き崩していく。
 当時の幕府は、条約締結の結果吹き荒れた物価騰貴や攘夷(じょうい)運動の激化を収拾できず、「先約」のあったポルトガル以外、どことも条約を結べぬ状況にあった。それでも条約締結を迫るドイツに対し幕府は捨て身の妥協案を捻出する。つまり「ドイツ一国」だけ例外扱いにするという条件だが、ドイツがじつは複数の小国群であり「一国」と承認できない事実が発覚してしまう。詳細な裏付けで顛末(てんまつ)を追う。
    ◇
 東京大学出版会・6090円

関連記事

ページトップへ戻る