書評・最新書評

歌は季につれ [著]三田完

[評者]三浦しをん(作家)

[掲載]2013年05月12日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■口ずさめば心にほのかな明かり

 著者の三田完氏は、作家であり俳人でもある。もともとはテレビの音楽番組を作っていたらしい。阿修羅像なみに多様な顔を持つ男……!
 よって、このエッセー集では、折々の出来事や風物から連想される歌謡曲と、それに呼応するような名句と、著者が見聞きしたり考えたりした事柄とを味わえる。一粒で三度おいしい。
 著者がともに仕事をした阿久悠や美空ひばりの姿。「雪の降る街を」や「渚(なぎさ)のはいから人魚」といった、人々に愛される歌にまつわる思い出。ちなみに、「渚のはいから人魚」に添えられるのは橋本薫の句、「流れ藻や涼しかるらん人魚の血」だ。しびれる。
 連載途中で東日本大震災が起きるが、著者の筆致は上擦らず荒ぶらない。俳句や歌謡曲といった、ひとの心から生じた「歌」はすべて、楽しいときもつらいときも私たちのそばにあり、口ずさめば心にほのかな明かりを灯(とも)してくれる。本書もまた、そういう「歌」のようなエッセー集だ。
    ◇ 
 幻戯書房・2310円


関連記事

ページトップへ戻る